知らないと損をする!遺産相続で負債を相続しない方法とは

遺産相続

負債も相続対象になる!

年を重ねれば誰にでも訪れる親の死。そして同時に親の遺産を相続することになります。

親の資産なんてそんなにないからと、あなたは無縁だと思ってはいませんか?

必ずしも相続するのはプラスの資産だけではありません。親が負債を抱えていた場合、マイナスの資産まで相続することになってしまいます。

知らない間に借金を相続していたなんて避けたいですよね。

負債を相続せずに済む方法はもちろんあります。この記事では、負債の相続を避ける方法をお伝えします。

親の資産を把握できていますか?

あなたは自分が相続するであろう資産の全容を把握できているでしょうか?

実際は親が亡くなってから、資産を調べて知る方が多いようです。

もし親の資産にマイナスの資産があった場合、その負債も相続することになります。

プラスの資産よりマイナスの資産が多ければ、ただ「借金を相続」しただけになってしまい、たまったものではありません。

親の資産を把握できていなければ、マイナスの資産に気付くことなく、相続することになってしまいますよ。

相続する資産が負債である場合、「相続放棄」をすることで相続せずに済ませることができます。

相続破棄は3ヶ月以内にしなければいけない

遺産がマイナスだった場合、相続放棄してしまえば負債を負わずに済むのですが、相続放棄をするには、「自分が相続人になってから3ヶ月以内」に手続きを行う必要があります。

民法915条1項によれば、

「相続人は、自己のための相続の開始があったと知った時から三ヶ月以内に、相続について、単純もしくは限定の承認又は放棄をしなければならない。」

民法915条1項

とあります。

ポイントは、『自己のための相続の開始があったと知った時』です。

例えば、父親が亡くなった場合、大抵は亡くなったその日に連絡が来て分かると思います。

その時点で自分が父親の遺産を相続することになったと分かるので、父親が亡くなった日から3ヶ月以内ということになります。

親が亡くなると、葬式の準備や、周りへのあいさつ、遺品の整理、保険の手続きなど行うべきことはたくさんあります。そんな状態で、親の資産がどうなっているのか分からないと、調べている間に3ヶ月経ってしまいます。

親に負債がなくとも、誰かの連帯保証人になっていれば、その「連帯保証人債務」も相続の対象となります。親が亡くなった後に誰の保証人になっていたかまで調べていたら、3ヶ月どころでは済みません。

エンディングノートで親の資産情報を事前に入手しよう

事前に相続する資産の内容を知っておくと、負債の相続を避けることができます。

しかし、親が元気なうちに相続の話をするのは気が引ける方や、親が遺産の話をしたがらないところもあるでしょう。

そこで、おすすめしたい方法が「エンディングノート」を書いてもらうことです。

エンディングノートは人生の振り返りをするもので、終焉までに ”いつ何をするか”、“最後はどうあるべきか”など、自分の頭にある考えを具体的に書き起こします。

預金口座、生命保険、株、不動産などを記入するページもあり、資産の把握に有効です。

楽しかったことや、お世話になった人を思い出しながら書いていくため、いきなり相続の話を持ち出すよりも、話の切り口として使いやすいのではないでしょうか。

あらかじめ両親と遺産相続の話をすることが、一番簡単に資産の内容を把握できる方法です。 マイナスの資産を相続しないためにも、エンディングノートをきっかけに親と話をしてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です